たるみを引き上げたい

気になる顔のたるみを改善するには

サイトカインとは具体的には

たるみの原因


サイトカインとは、細胞から分泌されるたんぱく質のことのことで、
細胞間の相互作用に関与している「生理活性物質」の総称です。


サイトカインとして知られるものに、インターフェロン・インターロイキンなどがあります。

美容業界に使われるもので、具体的にいうと幹細胞培養上清液再生治療というのがあり、
これは乳歯の歯髄に含まれている幹細胞を培養したできた液から抽出した
百種類以上の再生因子を気になるところ、注射するというものです。注射


注射により期待できる効果は、肌の若返りや肌トラブルの解消などがあります。
もっと具体的にいうと、たるみ治療やシワの改善、表皮のターンオーバーの改善や皮膚再生などです。


顔だけでなく、発毛や育毛の効果も期待できるとされています。

幹細胞培養上清液再生治療はクリニックで採用されていることから分かるように、安全性は確認されています。
この治療方法でたるみ治療したからといって、がんになるとかの心配はいりません。


その効果の高さから美容業界で現在大変注目されています。


クリニックでたるみ治療する場合に気になるところ

 

クリニックで幹細胞培養上清液再生治療を行いたるみ治療を行う場合に、多くの人は痛みが気になるはずです。
注射するとなるとやはり痛いのではと。

痛みが気になる
治療では、注射器を利用しますが、痛みが殆ど無いといわれています。
痛みを感じるとすれば、注射時です。


痛みに敏感な人は麻酔クリームを利用して治療してもらうこともできます。

治療時間の目安は、10分から30分程度と比較的短時間で終了。
施術後1週間から2週間程度は、痛みや腫れ、ほてりなどがありますが、
鎮痛剤を服用することになるのでそれほど気にならないでしょう。


治療をして傷後が残るということも基本的にありませんので、
クリニックで比較的気軽に行えるたるみ治療方法だといえます。

ダウンタイムが短いのがうれしいポイント。
施術後早期に今までの生活を行えるようになるので、今までの生活のリズムを崩さずに済みます。


もちろん、たるみ治療が終わったら入院は不要で、施術したその人に帰宅することが可能です。